当院の目の施術


カウンセリングの時間を

大切にしています

生活状態やお身体の状態、理想的なまぶたは人それぞれ異なります。リスク等についてもしっかりご理解いただいた上でのみ施術を行います。

眼科医の経歴をもつ

院長のみが施術します

カウンセリングから診療・術後のケアまで元眼科医の院長による一貫診療で、安全面に細心の注意を払い施術を行います。

身体負担を極力軽減した

施術を行います

極細の針を使用し、腫れの原因ともなる麻酔液量を必要最小限にとどめることで、身体への負担が極力軽減されるように施術をおこないます。

二重まぶたについて


 

ー 二重まぶた施術の種類

二重まぶたの施術は大きくわけると針と糸を使ってまぶたにクセづけをして行う方法(埋没法)と、まぶたを切開し二重の構造を作る方法(切開法)のいずれかになります。その中での細かな手技によって、得れる効果の違いやメリット・デメリットがあります。

埋 没 法
クイックノット
埋没法
シュアーノット
埋没法

60,000円
(税込 66,000円)

80,000円
(税込 88,000円)
スタンダードな埋没法。施術時間も短く二重術のなかでもっとも負担が少ない術式 クイックノットより糸をしっかり緩みにくく処理し、戻る可能性を半減させた当院オリジナルの術式
切 開 法
マイクロ切開法 全切開法

187,000円
(税込 205,700円)

248,000円
(税込 272,800円)
部分的に小さな切開でおこなう二重術。埋没法で戻ってしまったラインを再形成される方におすすめ 安定度と形やハバの自由度が最も高い二重術。脂肪を取ってすっきりさせることも可能

二重まぶたのデザイン

二重まぶたはラインの形や幅の違いはありますが、大きくわけて「平行型」と「末広型」の2種類があります。ご自身のお顔や雰囲気に合ったデザインをお選びいただくのがよいのですが、患者様のまぶたの状態などによってはお望みの治療法で行うのが難しい場合や、別のデザインのほうが定着に優れている場合などもあります。

< 二重施術をご検討中の方へ >

切開法での二重施術はデザインの自由度や戻りにくい点では埋没法より優位と言えますが、一方で修正は難しくなります。術後は気に入っていても時間が経過した後に変更したくなったり、施術を行ったこと自体でストレスを感じる方もいらっしゃいます。

初めて二重の施術を受けられる方や未成年の方はご自身の理想イメージがあいまいであったり、ご希望とお顔とのマッチングに差異がある場合がありますので、最初は埋没法から検討される事をおすすめしています。もちろん施術方法を強制する事はしませんので、ご希望をお聞かせいただき、しっかり話し合って最善の方法を一緒に考えていきましょう

目頭切開について


 

上まぶたが目頭を覆っている部分にある皮膚のヒダを切開することで目の横幅を拡大することを「目頭切開」と言います。このヒダを手術で処理する事により目の横幅が大きくなりシャープでキレイな印象に変化させます。

 

施術料金:目頭切開 187,000円(税込205,700円)

まぶたのたるみについて


 

上まぶたのたるみ取りは、二重のライン上を切開して余った皮膚・不要な脂肪を切除する方法と眉毛の下端を切開して皮膚を切除する方法があります。下まぶたのたるみ取りは下まつ毛の際を切開して余った皮膚を切除します。患者様の状態やご希望により、どの部分をどのように処置する方法があるのかを診察により判断しご提案します。

 

施術料金:上まぶたのたるみ取り/下まぶたのたるみ取り 300,000円(税込330,000円)

目のくぼみについて


 

目の上にくぼみが出て、すこし目があきずらかったり、二重のラインがでにくくなったりすることがあります。そうした場合、くぼんだ上まぶたにヒアルロン酸を注入することにより、本来のふっくらとした上まぶたを再現することができます。カニューレでの注入のみなので腫れも少なく、日常生活への影響はほとんどありません。

 

施術料金:くぼみ目修正 ヒアルロン酸0.5ccにつき)50,000円(税込55,000円)

その他の目の施術について


 

ここで紹介されていない目の施術についてお知りになりたい方は、お問い合わせください。またメールによるご質問もお受付しています。

※ 表記費用は一例であり施術方法により費用が異なる場合がございます。実際の費用はお問い合わせください。当クリニックの診療は自由診療(保険適用外)となります。

アクセス・お問い合わせ


 

↗JR 小倉駅から徒歩4分、モノレール平和通駅から徒歩3分です

◼Dr.プロフィール

院長 福嶋 康二郎

1998年 日本大学医学部卒業 駿河台日大病院 眼科、麻酔科勤務
2000年 東京都立府中病院眼科勤務
2001年 大手美容外科勤務。院長、理事を歴任
2008年 自身が理想とする患者様重視の美容外科「福嶋美容外科クリニック」を開業

まずはカウンセリングからはじめましょう。

お気軽にご相談ください